「高収入が目指せる職業」として安定した人気を誇っている看護師さん。高給与のカギを握るのは豊富な「手当」とやりがい!

知りたい!看護師の給与明細

看護師は高給与?

看護師の平均年収

厚生労働省の調査によると、平成24年の看護師の平均年収は471万円。月収にすると33万円である事がわかりました。
更に同年の国税庁の調査では、サラリーマンの平均年収は408万円。看護師はサラリーマンよりも高い給与をもらっている事になります。
看護師の年収は「かなり高い!」といえますね!
給与の高さは、看護師の仕事のハードさに大きく関係しているようです。
看護師は人の命を助ける仕事。病院では毎日立ちっ放しで、患者さんのケアに大忙しです。夜勤が続いて昼夜が逆転する事も多く、体力的にも精神的にもタフさが求められます。
こうした理由から看護師の給与は仕事内容に見合うよう高めに設定されており、「高収入が目指せる職業」として安定した人気を誇っているのです。

高給与のカギを握るのは豊富な「手当」

看護師には、基本給とは別に各医療機関で定められた「手当」が存在します。
その中でも、看護師さん特有の手当ともいえるのが「夜勤手当」!
日本看護協会の2010年のデータによると、2交代制の夜勤手当は一日につき平均10745円。夜勤の回数は一ヶ月に平均4回といわれているので、一ヶ月の夜勤手当は平均42980円という事になります。
基本給が低めでも、夜勤手当を始めとする各種手当が充実していれば、結果的に高給与が期待できるんですね。看護師の中には「基本給は低いけど、夜勤で稼げるから結果オーライで続けられる!」という人も多いようです。
手当の内容や金額は医療機関によって違うので、求人サイトでしっかりリサーチしておくと良いですね。

給与以上に「やりがい」が大事?

看護師はお仕事のハードさゆえに、離職率も決して低くないといわれています。日本看護協会のデータでは、平成24年の看護師の離職率は常勤で10.9%、新卒で7.5%という数字も明らかになっています。
「せっかくお給料がよくても、体を壊してしまったら元も子もないのでは…?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。
ただし実際のところ、医療の現場で日々活躍する看護師は、看護師という仕事に給与以上の強い「やりがい」を感じている人が多いようです。
具合の悪かった患者さまが自分のケアで快方に向かい、笑顔で感謝されるのは大きな喜び。看護師という仕事をしていないと経験できない事ですよね。
「大変だけど、仕事はお給料だけじゃない。それ以上のやりがいがあるから辞められないのよ!」と口をそろえて語る看護師の皆さん。
充実感を得るポイントは給与だけではないんですね。

人気記事ベスト4

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ