ナースの気になるお財布事情!地域や年齢、キャリアで収入はかわるのでしょうか!?また給与アップに繋がる役職を追究!

知りたい!看護師の給与明細

ナースの気になるお財布事情

ナースの気になるお財布事情

年齢・キャリアで収入はどう違うの?

看護師という資格は一生モノ。結婚・出産といったライフイベントで一旦現場を離れても、復職として選ぶのはやはり看護師!という人が多数だと思います。
誰しも、好きな仕事を長く続けられるのは嬉しい事です。そこで給与もアップすれば、お仕事のモチベーションも上がります。
一般企業のサラリーマンの場合は、「年齢」や「キャリア」に応じて収入が上がっていきますよね。
ではその一方で、看護師の世界ではどうなっているのでしょうか?
年齢による昇給は具体的にどれくらいなのか、また給与アップに繋がる役職をまとめてご紹介します。

収入は地域で差がある?

厚生労働省の調査によると、日本国内で働く看護師の数は、平成22年の時点で約95万人。実に多くの看護師が、全国の病院で日々お仕事をしています。
病院や診療科目によって覚える事は違いますが、「看護師」というくくりでは、日本中の看護師は全て平等な存在です。では仕事内容の他に、肝心のお給料について地域による違いはあるのでしょうか?
一般企業でも、大都市と地方では、給与にかなりの差がありますよね。
「やっぱり地方で働くより、お給料をたくさんもらえる都会の方がいいのかな?」とお考えの方もいると思います。
また、「あわただしい都会より、地方の病院がのびのび働けそう!」という方もいる事でしょう。
そんな看護師の皆さんへ向けて、「地域別・看護師さんにまつわるあれこれ」をまとめてみました。

看護師は高給与?

社会人になると、友達同士で集まれば自然とお仕事の話になりますよね。上司のグチやお休みの予定…盛り上がる話題はたくさんありますが、なかなか言いづらいのが「お給料」の話。
実際、世間一般では「看護師はお給料が高い仕事!」というイメージを持たれているのは事実です。
ですが、「実はそうでもないんだよ!」と声を大にして言いたい人もいるのではないでしょうか?
看護師は、特に女性の職業の中では高給与の代表ともいえるお仕事です。しかし、看護師の皆さんにとって、仕事内容と照らし合わせたお給料の額は、果たして「適性」と言えるのでしょうか?
平均年収や地域による差など、さまざまな角度から看護師の給与のカラクリを解いてみようと思います。

人気記事ベスト4

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ