働くスタイルを変えてみる!夜勤専従で高収入ゲット!夜勤勤務で手当を稼ぐコツをご紹介!

知りたい!看護師の給与明細

働き方を見直してみよう!

夜勤ありの勤務でしっかり手当をゲット

看護師の収入において大きなウェイトを占めるのが「夜勤手当」!
病院によって支給額は変わりますが、日本看護協会の2010年のデータによれば、一回の夜勤手当は平均して10745円。大学病院のような規模の大きな病院は、更に高い手当てが支給されるようです。
ですから、無理のない範囲で夜勤の回数を増やしてみるのがコツですね。
二交代勤務の病院ではほとんどの看護師が一ヶ月3回の夜勤をこなしていますが、シフトを決める段階で4回に増やしてみるのも手かもしれません。
看護師の夜勤は一ヶ月に最大72時間という定めがあるので、この72時間の範囲でできるだけ多く夜勤に入る事が、夜勤手当アップ&収入アップに繋がります。

夜型の人には夜勤専従が人気

夜勤手当の支給額が高いのには、理由があります。
それはやはり、「体力的にキツイ」という事…。特に不規則な生活サイクルでお肌が荒れてしまうのは、多くの女性看護師の悩みではないでしょうか?
ただ、看護師の中には「夜型人間だから、夜中起きている事が苦にならない!」という人もいますよね。
そんな方にオススメしたいのが、夜勤だけをこなす「夜勤専従」という働き方。
特徴は、少ない日数で高給与が稼げる事!給与は病院によってまちまちですが、例えば都内のとある総合病院の場合、10日の夜勤につく夜勤手当が23万円程。基本給や各種手当てもプラスされ、年収にするとおよそ500万円になるという人もいます。
月の10日の出勤で、常勤看護師とほぼ変わらない収入をゲットできるのです。
「我こそは!」という夜型の方は、夜勤専従という働き方にシフトしてみるのもいいかもしれません。

無理のない働き方で給与アップを

多くの看護師さんにお尋ねしたところ、やっぱり夜勤はラクな仕事ではないようです。
「とにかく体調管理が大変」「少ない人数で急変の対応に追われる」「友達や恋人と予定が合わない」などなど…。
確かに夜間は看護師の数が少なくなり、一人の看護師にかかる負担が大きくなります。
せっかく夜勤で稼いでも、体調を崩して入院…なんて事になったら、元も子もないというものです。
夜勤をこなす方法として、「自分の睡眠パターンや生活リズムを把握する」「少しずつ夜勤の回数を増やして慣れていく」、という看護師が多いようです。
自分にとって無理のない範囲で働く事が、夜勤で稼ぐ最大のテーマといえますね。

人気記事ベスト4

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ