資格を取得してスキルアップ!看護師がキャリアアップを図るのに有効なのは専門看護師・認定看護師です!

知りたい!看護師の給与明細

資格ゲットで手当を増やす!

専門看護師を目指す!

医療の分野はますます細分化しています。その中で、より専門的な看護に従事できる看護師の存在は大きなもの。その代表が専門看護師です。
専門看護師になるには、「看護系大学院修士課程修了者であること」「専門看護師の教育機関で、専門分看護分野所定のカリキュラムの26単位を習得すること」が必要です。
また看護経験は通算5年以上が必須。そのうち3年は専門看護分野、1年は修士課程終了後の実務経験である事と定められています。
筆記試験と面接を受けて見事合格となれば、専門看護師の資格が与えられます。
勉強と実務の積み重ね…といった資格ですが、周囲からは看護のエキスパートとして頼られる存在になるでしょう。また、資格手当は平均して2万円ほど。給与アップを図る上で是非目指したい資格です。

認定看護師を目指す!

日々高度化・多彩化する医療の現場で働いていると、「もっと高い水準で看護をしてみたい!」と思う人は多いものです。
そんな強い上昇志向を持つ看護師のために、「認定看護師」という資格があります。
認定看護師になるには5年以上の実務経験が条件であり、そのうち3年は認定看護分野の経験が必要です。
そして認定看護師教育課程を修了した後、認定試験という筆記試験を受けます。合格すれば、認定看護師認定交付証が発行され、晴れて認定看護師になれます。
認定看護師の資格手当は5.000円未満から6万円までと、地域や病院によって大きく異なるようです。認定看護師として働くのであれば、基本給プラス手当とのトータルを計算しておく事が、確実な給与アップの秘訣ですね。

給与アップに役立つ資格は他にもたくさん!

看護師がキャリアアップを図るのに有効なのは専門看護師・認定看護師が代表的ですが、他にもさまざまな資格があります。
まず、有名な資格がケアマネージャーです。高齢者が増加している現代において、ケアマネージャーは介護施設の利用者やその周囲の状況をカウンセリングする、重要な役割を果たします。
また助産師や保健師も、看護師がスキルを広げるのに有効な資格です。助産師の資格があれば独立開業する事ができますし、保健師は資格と併せて地方公務員試験に合格すれば、公務員として地方の保健所で勤務する事ができます。
看護師であることを前提にとれる資格は他にもたくさんあります。自分のライフプランを築く上で、気になる資格はいち早くチェックしましょう。

人気記事ベスト4

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ